社長挨拶

 

毎回ホームページの原稿を書きます折に、昨年の原稿にざっと目を通します。その中に「各地で震度5強の地震が」ということを書いておりました。日本という国は、毎年、どこかで大きな地震が発生しているのだということを忘れてはならないと思います。先月も、大阪で震度6弱の地震が発生いたしました。被害にあわれた地域の皆様、お見舞いを申し上げます。阪神大震災での教訓が活かされていて、地震の大きさにしてはきっと被害は少なかった方なのでしょう。それでも亡くなった方や怪我をされた方々もおられます。また、続きます余震が怖くて、避難したところから帰宅できない方が多いこと、阪神大震災の記憶が蘇って不安で体が固まってしまうという話などを聞きます。どうか1日も早く日常が戻りますように祈らずにはいられません。
   次は東京だと言われ続け、戦々恐々としておりましても、人は勝手なものでしばらくすると気が緩んでしまいます。十分な対策をとらず、何とかなるだろうと心の隅で思っている自分に再度の警告を出し、担当させていただいておりますご施設様と社員の安全のために十二分な配慮をしていかなくてはと考えております。
   7月は気持ちの中では夏ですが、実際には梅雨で雨の日が多くなります。しとしとと降る雨も好きではありませんが、ここ最近の豪雨には本当に閉口させられます。小さな川にあふれそうなくらいの水が流れているのを見ると不安な気持ちになります。七夕も旧暦でしたら満天の星をふりあおぐことも出来るのでしょうが、7月7日ということになりますと、1年に1度の逢瀬も叶わないことが多いに違いありません。天気予報の傘マークが少なくなりますことに、どうしても期待してしまいます。
   今月も全国で学会の展示など、皆様にお目にかかることの出来る日がふえることと存じます。恒例のモダンホスピタルショウにも出展させていただきます。もし、どこかでPSPの青いロゴを見かけられましたら、是非ともお声をかけていただきたいと思います。
   これからの季節は湿気が多く、寝苦しい日が続くことでしょう。十分にご自愛くださいませ。


   私どものシステムをご検討中の皆様、既存ユーザー様にPSPシステムを使って何が変わったか、使ってみてどう思われたかをお尋ねくださいませ。きっとご検討に役立つ回答が戻ることと存じます。お使いいただいているユーザー様には出来る限りのサポートをさせていただき、共に成長することを目標としてシステム作りをさせていただいて参りました。私どもの社員はそれぞれが担当のユーザーサイトの一員であると自覚して仕事をしております。自分が所属する施設に何をするべきか、どんなことが必要か、またそこに来てくださる患者さんにどのように接するべきかを常に考えて仕事をするように心がけております。ご検討を少しでも先に進めたいとお考えであれば、プレゼンやデモ、システムの貸し出しなどをさせていただきます。今お使いのシステムからのデータ移行や、リプレイスの手順などについてのご質問にも分かりやすく回答させていただきます。全力をあげてシステム構築のお手伝いをさせていただきたいと考えます。

   私どものシステムをご存じなかった皆様、これまでに入れ替えを検討したけれど、結局既存のものを継続してお使いの皆様、是非とも私どもの営業を呼んでいただき話を聞いてみてくださいませ。弊社ホームページにございます資料請求のページで、カタログや詳細な資料を入手していただければ幸いです。学会の展示やランチョンセミナーなどにご参加いただき、実物にふれていただいたり、ユーザーの先生方の話を聞いてみたりしてください。私どもは放射線科専門の先生方がお使いになりますビューアーを院内でもお使いいただくことをコンセプトとしております。全ての科の先生方に画像診断に慣れ親しんでいただきたいと思うからです。放射線科の先生方が書かれたレポートを読んでいただき、そのキー画像の含まれるシリーズを読影された先生と同じ条件で見ていただきたいと考えるからです。これらの考え方やサポートに対する姿勢について、お話しをさせていただきたく思います。お目にかかる日を楽しみにしております。

   そして、私どものシステムをお使いいただいております皆様、本当にいつも有難うございます。皆様方のお声があって、私どもの仕事は成り立っております。ご要望には時間がかかってもお応えしたいと常に考え、努力して参りました。PACSだけでなく診断RISや治療RIS、内視鏡の洗浄記録などのシステムもございます。緊急時に病院外におられます先生方に画像を見ていただく仕組み作りや、遠隔読影を依頼する仕組み、地域の病院様あるいはクリニック様と連携する仕組み作りも得意とするところでございます。今お使いいただいておりますものに更にプラスしていただくことで、検査画像活用の幅を広げていくことを心掛けております。ご質問がございます場合は、訪問させていただいております営業やカスタマーエンジニアに声をおかけくださいませ。毎月メールマガジンを配信、年に一度ユーザー会を開催しております。どうかそのような場や機会を十二分にご活用いただきたいと思います。ご不満のお声やお叱りがございましたら、それを担当者にお伝えいただければ幸いでございます。それが私どもの成長の糧でございます。お目にかかり、直接お声を聞かせていただきますことを楽しみにしております。

   PSPはこれからも頑張り続けることを約束させていただきます。これまでに学んだことを十分に活かし、新しいことに挑戦し続けます。引き続きのご指導、どうぞよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 2018年7月吉日
八木裕子